ホーム > 採用情報 > 先輩社員メッセージ~COMJO Working Style > 三枝 厚

先輩社員メッセージ ~COMJO Working Style マイナビ リクナビ

情報化社会の未来を創造するCOMJOの“個の力”インタビュー

サブリーダーからプロジェクトリーダーへのステップアップを目指して

ものづくりの楽しさに目覚めて

大学時代はコンピュータメディア学科に入学し、プログラミングの知識やコンピュータの基本的な構造など、情報系の基礎知識を中心に学ぶとともに、研究分野では音声情報工学に携わり、パソコンで作った合成音声の研究を行なっていました。その後、大学院でも数学的な研究が中心で、正直、現在の仕事とはあまり関係がない学術研究を行なっていたのですが、大学3年を過ぎた頃に経験した、研究室のパソコンを使って携帯アプリのシステムを作った際の「ものづくり」の楽しさを改めて思い出し、博士課程への進学よりシステムエンジニア(SE)志望の就職活動に方向転換しました(笑)。

就職活動に際しては、SEという職種が漠然として広く絞りきれていない中で、建築業界の中にもIT事業があり、SEという職種があることを知り興味がわきました。それ以降、通信建設を中心に回ったのですが、コムシスグループ、とりわけ情報に特化したコムシス情報システム(COMJO)に注目しました。そして、当時はまだ分社から2年と間もない頃で、何か色々と新しいこともできるのではと、自分の中で期待も大きく第一志望となり入社を決めました。

サブリーダーとしての3年目。その責任とやりがい。

入社後の基礎研修、実務研修、OJTと経て3年目となり、今度は自分がOJTで新入社員のトレーナーとなった頃、医療系プロジェクトでサブリーダーを任される機会を得ました。このプロジェクトは、検査の受付や実施登録、結果を他システムと連携する、という一連の検査状況をデータベースに管理し、そのデータをタブレットを用いて閲覧する進捗管理システムの構築でした。その中で、私は製造工程から参画しサブリーダーを任されましたが、プロジェクトリーダーがプロジェクトマネージャーと兼務で多忙だったこともあり、協力会社のメンバー管理も含め、実質的に現場の進行をサブリーダーである私が任されました。プロジェクトの一メンバーだった1年目、2年目では、基本的に指示された部分にある程度集中して作業していれば済みましたが、サブリーダーともなるとリーダーの補佐的な立場で常に全体の進行を把握しつつ、システム全体を理解する必要がありました。そのため知識的にも学び直さなければならないことが多々あり、責任の重さと自分のスキル不足を痛感しつつも、やりがいを感じ、そのような機会を3年目にして与えてくれた会社にとても感謝しました。また、このプロジェクトでは実際に利用されるお客様である検査技師30名程を前にして、お客様へのヒアリングやリリース前の操作説明、リハーサルの進行などを行い、これまでで、一番お客様に近いポジションで仕事ができたことは、良い経験をさせてもらったと思います。

プロジェクトリーダーを目指し、
10年後の目標はプロジェクトマネージャー

COMJOの顧客は多種多様な業種にわたり、前述の医療系システム開発のように直接エンドユーザーから請負ったプロジェクトは本社での作業となりますが、元請けではない通信キャリア系や電気メーカー系などのプロジェクトに関しては、それぞれのお客様先にて作業することが多くあります。私の場合、3年間はほぼ本社勤務だったこともあり、メインで参画したプロジェクト以外にもいろいろな案件に関わる機会を得ました。現在は、クラウド関係の基盤系プロジェクトに参画し、はじめてお客様先に常駐させてもらっています。お客様先に常駐する場合、プロジェクトマネージャーは元請会社で、COMJOからはプロジェクトリーダーからということが多く、私も早くプロジェクトリーダーを任されるように日々研鑽を積んでいきたいと思っています。

コムシスグループではフォローアップ研修で自分のキャリアパスについての5年後、10年後の行動計画というものを作って提出しています。そして、私の10年後は、プロジェクトマネージャーを目標としています。そのためには最終的にプロジェクトマネジメントに関する国際資格であるPMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)も取得しなければなりません。それ以外にも業務上必要な資格を積極的に取得して、知識の向上とエンジニアとしてオールラウンドな技術を修得しつつ、マネジメントスキルも高めていきたいと思っています。

私のオフ

COMJOは休日出勤をしてもしっかりと代休がとれますし、ワークライフバランスがとれる会社です。そして、現在のマイブームはグルメ探訪というか食べ歩きです。休日朝起きて今日はこれを食べたいなと思ったら、美味しい店を調べて「じゃあ今日はここに行ってみよう」と…。学生の頃は体育会系の水泳部でバリバリのアスリートだったのですけど、その反動なのか、開放されてしまった感じでしょうか(笑)。

私のある一日
9:00
出社、社内メール確認
9:15
チーム内で進捗内容を確認し、
本日の作業内容を決定
9:30
作業開始(製造)
疑問点/問題点が発生次第
PLに報告
11:30
PLから次フェーズ作業の報告を受け、実装方式を選定
12:00
昼休み
13:00
午前中に受けた報告内容と実装方式をチーム内で共有
13:30
午前中の作業を引き続き実施
15:00
別PJのリリース依頼を受け、
準備手順書を作成しPMに報告
16:30
進捗報告会議
17:00
チームメンバーとコードレビュー
17:30
翌日の作業内容を整理
18:00
退社
私のキャリアパス

2012年4月
入社

同年4月
第二事業部に配属
医療系プロジェクトに参画
単体試験及びプログラム修正を担当
SQL、Javaを使用

同年12月
第三事業部に異動(医療系プロジェクト継続)

2013年4月
通信建設系プロジェクトに参画
要件定義、設計、製造、試験
運用・保守を担当、アプリ設計/開発
サーバの構築、ログ監視 etc
Android、Java、SQL、PHPを使用

2014年6月
医療系プロジェクトに参画
設計、製造、試験を担当
サーバ構築、お客様への操作説明会 etc
製造リーダー
プロジェクトサブリーダーを担当
Android、Java、SQLを使用

同年10月
通信建設系プロジェクトに参画
医療系プロジェクトと掛け持ちで
運用・保守を担当
主担当として、開発コスト見積もり
問い合わせ、障害、要望対応
Android、iOS、SQL、PHPを使用

2015年7月
民需系プロジェクトに参画
設計、製造、試験を担当
ExcelVBAを使用

同年10月
基盤系プロジェクトに参画
設計を担当
AWS(Amazon Web Service)移行に向けた方式設計 etc