ホーム > 採用情報 > 先輩社員メッセージ~COMJO Working Style > 米山 友滋

先輩社員メッセージ ~COMJO Working Style マイナビ

情報化社会の未来を創造するCOMJOの“個の力”インタビュー

プライベートが大切にできる会社だからこそ仕事が頑張れる

一緒に働きたいと感じさせた楽しかった面接

大学時代は、名前の通りコンピュータに関わるソフトウェアとハードウェアの両方を全般的に学び、サークル活動でもスノーボードサークルで会長をつとめるなど、充実した学生生活をおくりました。サークル活動では、100人規模の大所帯の会長としてイベント企画から会計、合宿の手配などトータルに管理を行い、マーケティングを含めた一種のマネジメントのようなことも経験しました。そうしたことから、就職活動に際しては、世の中のいろんな情報をもっと知りたいという気持と人と接することが好きだったことから、純粋な情報系というよりもIT系のマーケティング会社を中心に就職活動を行いました。また、同時に携帯電話アプリや端末そのものにも興味があり、通信キャリアや通信関連企業、アプリ制作会社などの会社説明会にも参加しました。そうした中で、就活日記などの口コミサイトで優良企業ランキング第1位だった通信建設大手の日本コムシスに出会いました。当時はコムシス情報システム(COMJO)が分社化される前年にあたり、説明会も面接も、そして入社したのも日本コムシスです。入社を決めた理由は、情報系事業もあり携帯電話関係の仕事もしたいということもありましたが、何よりも面接が楽しかった(笑)。仕事の話はもちろんですがプライベートの話も気さくな感じででき、フランクというかアットホームというか、こういう人たちと一緒に仕事がしてみたいと思えたのは、後にも先にも日本コムシス1社のみでした。そして、入社と同時に情報統括事業会社として、分社独立したCOMJOに出向というかたちで配属になり、1年後に転籍を希望しシステムエンジニアとしての現在に至っています。

プロジェクトリーダーの責任とやりがい。

プロジェクトリーダー(PL)となって数年が経ち、現在は大手電機メーカーを元請けとする物流系のシステム開発プロジェクトを担当しています。このプロジェクトには私を含めCOMJOから4名が参画し、メンバーの勤怠管理や進捗管理などを主に任されています。COMJOでは単にプログラミングなどの製造に留まらず、要件定義から設計、製造、試験、リリースそして保守までトータルに行っていますが、それら現場の進行を全体的に管理し、責任を持って評価するのがPLの基本的な仕事で、もちろん要件定義においてはエンドユーザーを含めたお客様との折衝も含まれます。また、管理業務だけではなく設計、プログラミングなど現場ではプレイングマネジャーとしても実務にも参画します。現在のプロジェクトでは全体的な管理は元請けのPLが担当していますので、変則的な立場ではありますが責任とやりがいを感じています。

COMJOでは、基本的に3年で一人前のSEになりましょうという目標があります。そして、3年目、4年目でOJTのトレーナーを経験しながら自己を含めた新人の成長を促し、研鑽を積みながらサブリーダーとなり、5年目くらいからプロジェクトリーダーとして責任ある立場を任されるようになります。成長への早道は失敗を恐れず自分で考えて自分で行動すること。ただ、新人の場合は、一番不安に思うことは失敗したらどうだとか、これが全体的に影響を及ぼしてしまったらと考えてしまうことにあると思います。先輩の立場は、新人自身に自分で考えさせてきちんと作業はさせてあげること。でも責任は取ってあげるということだと思います。特にリーダーにはそうした資質が求められていると私は思っています。

先輩から言われた何気ない一言

COMJOを含めコムシスグループはワークライフバランスをとても重視した社員を大切にする会社です。私はプライベートを大切にしたいから仕事をしているというタイプで、仕事のしすぎでプライベートが疎かになるようなことはあってはならないとさえ思っています。もちろん早く帰りたいから仕事が残っていても帰りますというのでは本末転倒ですが、家族を大事にしたいからこの日は早く帰りたい、あるいはイベントごとがあるので帰らせてくださいということをきちっと守るために、仕事も事前にスケジューリングし効率的に頑張れると私は思っています。私が大事に思っている言葉が、入社して1年目くらいに先輩から言われた何気ない一言で、冗談めかして「合コンがあったら帰っていいよ」と言われたことです。「え、合コンで帰っていいんですか」と聞き返したら「人生かかっているでしょう、その合コンでいい出会いがあるかもしれない、その人と結婚するかもしれない、今後の生活がかっているかもしれない。だったら帰れ」って言われたんです(笑)。上の人がそう言ってくれるからこそ、自らもワークライフバランスを大切にしようと思いましたし、自分の人生を大事に考えて仕事にも精進しようという気持ちになれたのは、その言葉があったからかなと今では思っています。

私のオフ

冬の季節はスノーボードに行ったりもしますが、普段は大学時代の仲間とフットサルに興じています。週末に家にいることが嫌いなのでフットサルをやりつつも、奥さんと買い物とか、何を買うわけでもないのにとりあえず外出しています。仕事柄、平日は1日中座っていることが多いので、休日は思いっきりアクティブに過ごしています。

私のある一日
8:30
出社、社内メール確認
8:45
本日の作業内容確認し
優先度を決定する
9:00
優先度順に作業を実施
12:00
昼休み
13:00
午前中の作業を引き続き作業進捗
状況を考慮しながら作業を進行
16:00
プロジェクトリーダーに現状報告
17:00
本日の作業結果をまとめ
18:00
退社
私のキャリアパス

2009年4月
入社

同年4月
新入社員研修
研修ではORACLE MASTER Bronze、LPICを取得

同年8月
第二事業部に配属
通信系プロジェクトに参画、製造・テストを担当

2010年8月
同プロジェクトにおいて基本設計を担当

2011年11月
放送系プロジェクトに参画。設計を担当
特に営業支援系の設計を主体的に任される
基本情報処理技術者を取得

2013年10月
官公庁系プロジェクトに参画。試験支援を担当
特に強化試験を中心に任される

2014年1月
物流系プロジェクトに参画。設計を担当
設計からテストまで全般的に任され、現在に至る