ホーム > 採用情報 > 先輩社員メッセージ~COMJO Working Style > 今井 有香

先輩社員メッセージ ~COMJO Working Style マイナビ

情報化社会の未来を創造するCOMJOの“個の力”インタビュー

面接時の「自分にとって最良の選択を」という言葉に魅せられて 堀口 僚太

コムシスグループは社員を大切にする企業です

大学では経営学をはじめ、システムの開発・設計・運用などの方法論を学び、ずっと先の将来を見据えた時にこの学んだ「ものづくり」を通して社会に貢献できる仕事がしたいと思うようになりました。学問以外では、JAZZのビッグバンドをやっている軽音楽部に所属し、毎日遅くまで練習に励んでいました。また、体を動かすことも好きで、中学・高校とやっていたテニスを今も楽しんでいます。

就職活動に際しては、システム開発だけではなく、提案から運用・保守までを一貫して行っている会社、またシステムの提供先が多種多様な業界であること、これらを条件に絞りました。私が入社した当時は日本コムシスの情報部門で、日本コムシスといえば通信建設の大手企業ですが、通信ネットワーク以外の新しい分野のITにも注力していた頃で、自分の可能性も伸ばせる面白い仕事ができるんじゃないかなという期待がありました。また、選考過程での人事の方や先輩社員の方との交流の中で、社員を大切にしている社風を一番よく感じ、自分の働くイメージができたことが最終的な入社の決め手となりました。そして、情報事業が分社したのがコムシス情報システム(COMJO)ですが、人にやさしく社員を大切にする社風はCOMJOにも受け継がれています。

女性も働きやすい産休・育休を積極的に取り入れた職場

アベノミクスでは「女性が輝く社会」という政策を掲げていますが、COMJOはまさしく「女性が輝ける職場」だと思います(笑)。コムシスグループでは「次世代育成支援対策推進法」に基づき、各社がそれぞれの行動計画に沿った取り組みを行い、育児休暇の取得および育児休暇に伴う短縮勤務を実施しています。そして、私の場合は、2回ほど育児休暇を取得しています。1人目の時は出産と保育園の入園時期とで会社に相談の上、延長を申請し最大の1年半いただきました。現在も2人目の育児休暇を経て1時間半の時間短縮勤務制度を利用しての復職です。育休中は私からも数ヶ月ごとの定期的な連絡は入れますが、会社の上長からも何かと気にかけて職場の様子や会社の状況などメールや電話をいただき、長期の休みはいただいていますが常に在籍しているというか、いつでも職場復帰しやすいような配慮をして下さっています。時短勤務制度に関して言えば3歳になるまで利用できるので、女性社員のみならず、共働きなどのいわゆる「イクメン」男性社員もいます。また、出産を契機として退社した女性社員は私の知る限りではいません。このようにCOMJOには、女性として、ママとして、仕事も家庭も両方取ることが、けして欲張りではない、女性が働きやすい職場環境があると思います。

仕事に育児に自分の納得できる充実した日々

入社してから10年以上経ちましたが、これまでコールセンターや基地局管理、携帯端末の在庫管理システムなど、多分野にわたって経験を積んできました。その中でも開発だけでなく、基盤系では監視システムの構築に携わり、設計から構築まですべてを任され、また、運用・保守でお客様先への常駐経験もあり、上流工程から下流工程まで、幅広く仕事を担当してきました。難しい要望に対しては、どうにか実現できないかと試行錯誤をしたり、実際思っていた通りにいかないことも多いですが、提供したシステムがお客様先で使われているのを見たときやお客様から「効率化が図れて業務が楽になった」と喜んでもらえた時は最も嬉しい瞬間です。私たちが提供しているシステムは、お客様の業務に直結しているため責任も大きいですが、その分、仕事のやりがいも感じています。

今後は、業務の効率化やコスト削減などを目指し、多分野にわたってシステムを提供してきた経験を活かし、さらに現場に出てお客様に最適な業務改善を提案・実現していきたいと思っています。COMJOには社員本位とも言える育児休暇や時短勤務制度があり、出産後も働きやすい環境が整っています。出産前と変わらず、自分のやりたい仕事を任せてもらえることを会社に感謝するとともに、後に続く後輩達のためにも、仕事に育児に自分の納得できる充実した日々を送りたいと思います。

私のオフ

平日は子供たちと過ごす時間がどうしても短くなってしまうため、休日は時間を無駄にしないよう、子供たちが楽しめるような一日のスケジュールを立てて過ごしています。なかでも体をいっぱい動かして遊ぶことは、自分自身のリフレッシュにもなりますし、子供も喜んでくれるため、積極的に外に出るようにしています。これもワークライフバランスがとれた職場環境だからこそ可能だと感謝しています。

私のある一日
8:45
出社
社内メール・一日の予定を確認
9:00
課題や作業進捗状況を整理
9:30
内部進捗ミーティング
10:00
基本設計書の作成
お客様レビューのための資料準備
12:00
昼休み
13:00
お客様先にて基本設計書のレビューを実施
14:30
帰社
議事録の作成・基本設計書の修正
15:30
作業の進捗状況を報告
16:00
退社(時間短縮勤務を使用中)
私のキャリアパス

2006年4月
入社

同年8月
システム事業本部 第一事業部に配属
コールセンター業務にてCTIシステムの開発・試験を担当

2008年6月
大手携帯電話会社様の監視システムの設計から運用までを担当
初めて上流工程を任される

2010年4月
通信系業務にて電波・基地局管理システムの開発・試験を担当

2010年10月
大手携帯電話会社へ出向し、運用・保守を担当
現場では業務改善のためのシステム化提案も行う

2011年12月
第1子出産にともない、育児休業を取得(1年3ヶ月)

2013年11月
通信系業務にて夜間のデータ処理バッチシステムの設計から試験までを担当

2014年8月
第2子出産にともない、育児休業を取得(1年)

2015年8月
大手携帯電話会社様向けシステムの設計から運用までを担当
次期案件獲得のための提案活動も並行して行う