ホーム > 採用情報 > 求める人材〜人事メッセージ

求める人材〜人事メッセージ マイナビ リクナビ

これまでの当社の開発経験と業務ノウハウの中から生まれた、業務効率化を推進する各種ソリューションをご提供します。

求める人材像

ITの進展に常に知的探究心を持ってのぞみ個の力をプラスに発揮できる人材を求めています

コムシスグループの情報事業を担う中核企業として

コムシス情報システム(以下COMJO)は、2009年に通信建設のリーディングカンパニーである日本コムシスの情報事業を分社し、コムシスグループ唯一の情報ソフト開発の統括事業会社として設立されました。ソフトウェア開発、システム構築を主体とした情報事業を担うコムシスグループの中核企業となっています。

そして、そのビジネスフィールドはNTTグループなどの大手情報通信事業者はもとより、官公庁、金融、医療、交通、物流、製造と多岐にわたり、そこでシステム開発を行うシステムエンジニア(SE)として様々なプロジェクトに参画できるのもCOMJOならではと言えるでしょう。また、実際の仕事内容も情報システムに関するコンサルティングから企画、設計、開発、保守、運用までトータルにカバーしており、将来的に大規模開発においてもプロジェクトを主体的にハンドリングできるプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとなり得る人材を広く求めています。


上席理事 事業開発室長
正木 浩視

コムシスグループにおけるポジショニング

SEに求める3つのキーワード

ITの世界はイノベーションの連続であり、クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoT等この分野の技術の急速な進歩は、企業のIT活用を社内の業務効率化やコスト削減から顧客の価値創造へとシフトさせています。そうした環境下、COMJOのビジネスフィールドもまた広がりを見せているわけですが、それに比例してSEにも新しいスキル・知識が必要となり、常に新しい技術や業務ノウハウを吸収し、理解しようという意識、すなわち高い知的探究心が求められます。また、SEは目に見えないシステムやプログラムをお客様に説明する必要もあります。それにはお客様のニーズを的確に汲み取り、解決力のある提案をすること、そして何よりも伝える相手に合わせた分かりやすい説明を行い、理解してもらうことが大切です。先に述べた知的探究心に加え、そのためのお客様の立場に立った付加価値構想力とコミュニケーション力がSEにとって重要な資質であるとCOMJOでは考えています。

『知的探究心×付加価値構想力×コミュニケーション力』

自律的成長をサポートする教育研修体制

チャレンジとイノベーションの実現には、社員一人ひとりのスキルアップが欠かせません。COMJOではそうした成長をサポートするために階層別研修、機能別研修など多種多様な研修プログラムを用意し、教育の充実を図っています。例えば情報系が専攻ではなくても、COMJOには受け入れる教育体制とそのフィールドがあります。また、SEを極め国際資格のPMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)を取得したいといった社員にも支援を惜しみません。現在でも実に社員の22%がこの資格を取得しており、業界でも高い水準となっています。


あなたの個性で一緒につくる明日のCOMJO

私は、一人ひとりの個性豊かなパフォーマンスが調和して素晴らしい音楽を創り上げるジャズコンボの演奏が好きですが、システム開発におけるプロジェクトチームにあっても個と調和が大切であると常々思っています。

私たちの仕事は同一規格の製造ラインとは異なり、一つ一つのプロジェクトがすべてにおいて異なります。業種も多種多様ならお客様の企業特性もまた然りで、SEにもいろんな個性があっていいと思っています。もちろん、個の力に加えて連携力を持っている、チームワークを大事にできるということが前提ですが、会社も社員一人ひとりの個性を大事にし、社会への貢献を実現する、そして、そこから生まれる活力とオリジナリティーこそが会社発展の原動力になると考えています。ぜひ私たちと一緒に、あなた自身の成長と社会の発展のために一緒にイノベーションに挑戦していきましょう。



人材育成方針

研修体制

コムシス情報システムでは、SE及びプロジェクトマネジメントのプロフェッショナルの育成を目的として、階層別研修と機能別研修を行っています。


新人〜若手社員の育成

コムシス情報システムでは、入社3年間で一人前のSE及びビジネスパーソンとして成長するため、新人研修、OJT、フォローアップ研修を中心として育成に注力しています。