ホーム > 採用情報 > 求める人材〜人事メッセージ

求める人材〜人事メッセージ マイナビ

これまでの当社の開発経験と業務ノウハウの中から生まれた、業務効率化を推進する各種ソリューションをご提供します。

求める人材像

ITの進展に常に知的探究心を持ってのぞみ個の力をプラスに発揮できる人材を求めています

コムシスグループの情報事業の中核

2009年、通信建設のリーディングカンパニーである日本コムシスの情報事業を分社し、コムシスグループ唯一の情報ソフト開発の統括事業会社としてコムシス情報システム(以下COMJO)が誕生しました。以降、COMJOは、グループの中でもソフトウェア開発、システム構築を主体とした情報事業を担う中核企業として歩んできました。

これまでCOMJOは、NTTグループなどの大手情報通信事業者をはじめ、官公庁、金融、医療、交通、物流、製造と幅広いフィールドで様々な情報システム開発プロジェクトを成功に導いてきました。その第一線で活躍するシステムエンジニア(SE)は、情報システムに関するコンサルティングから企画、設計、開発、保守、運用まですべての領域で挑戦を続け、成長し続けています。また大規模開発などでプロジェクトをけん引できるリーダーシップを身に着け、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとして情報事業の成長を支える人材も数多く在籍しています。


取締役執行役員 経営企画部長
大久保 新一

コムシスグループにおけるポジショニング

AI元年から大きく変わる情報システムの世界

社員は無限の可能性を秘めているもの。育て方、生き方、働き方、社会との関わり方の重要性をしっかりと示していくことで、どんな色にも変わっていきます。2017年は「AI元年」と言われる通り、クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoT技術に加えて世界の風景を一変させる新技術に注目が集まりました。従来のプロジェクトにおいて、顧客ニーズを的確にキャッチしたうえで、満足度の高い情報システムを提供し続けることは極めて重要です。加えて、AIを含めた新技術をもとにしたサービスや製品を具現化できる有為な人材の育成は最重要課題のひとつと言えます。

そうした中、COMJOでは2017年4月より、様々な新しい技術、斬新な発想を事業化するための事業開発室を新設し、新技術修得のための人材への投資を含め、積極果敢に新しい事業フィールドの開拓に取り組んでいます。特にAIの本格的導入のための研究開発ではグループ企業である日本コムシスの写真検査業務において画像認識技術を活用した実践研究を大学と連携して重ねるなど、驚くべきスピードでAIへのアプローチを成功させつつあります。


新時代に通用するSEは誰か

このような新技術の時代に活躍するSEには、旧来の人物像とは異なる要素が不可欠と考えています。常に新しい技術や業務ノウハウを吸収し、理解しようという高い知的探究心はもとより、お客様や社会のニーズに応えられるようなサービスを考えられる様な人材がより必要とされます。ややもすると組織の和を乱すと敬遠されかねない尖った人材も、独自性が強く、人と違う思考や強い個性を以て既成概念を壊して前に突き進んでいく大きなパワーを秘めているように感じます。

AI元年以降は、こうしたエッセンスに加え、同業・異業種を問わず、様々なフィールドへアグレッシブに情報を探しに行き、集めた情報から何を構築できるなどのプロデュース力が重要になってきます。モノや現象、事象を見てサービスのイメージや構想を思い描けるかどうかは、企業としてSEとして勝敗の分かれ目になってくるとCOMJOでは考えています。


「情報」と「人」を知るための積極支援体制

社員一人ひとりのスキルアップと成長をサポートするため、COMJOでは階層別研修、機能別研修など多種多様な研修プログラムを用意しています。SEを極め国際資格のPMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)を取得したいといった社員にも支援を惜しみません。現在でも実に社員の2割以上がこの資格を取得しており、業界でも高い取得率となっています。また、社員が率先して大海を知ることができるよう、最新技術獲得のための研修やセミナー(国内外)などへの参加も積極的にバックアップ。情報だけでなく、多様な業界人と繋がれる環境を整えています。

私たちが歓迎したいのは「好きこそものの上手なれ」の一途さと、トライ・アンド・エラーのマインドです。企業の情報システム作りという枠組みを飛び越えていける、高い感性をCOMJOで発揮してください。社会のため、そしてあなた自身のために、新時代を駆け抜ける翼を手にしてください。COMJOではそうしたステージを用意してお待ちしています。



人材育成方針

研修体制

コムシス情報システムでは、SE及びプロジェクトマネジメントのプロフェッショナルの育成を目的として、階層別研修と機能別研修を行っています。


新人〜若手社員の育成

コムシス情報システムでは、入社3年間で一人前のSE及びビジネスパーソンとして成長するため、新人研修、OJT、フォローアップ研修を中心として育成に注力しています。