ホーム > 採用情報 > 先輩社員メッセージ~COMJO Working Style > 穂谷野 優生

先輩社員メッセージ ~COMJO Working Style マイナビ

情報化社会の未来を創造するCOMJOの“個の力”インタビュー

説明会でのいきいきと仕事を語る女性社員に憧れて

自分の成長を感じながら、ずっと働いていける会社

大学の卒論ではロボットとの会話について、人が話すタイミングを計測し、適切なあいづちを入れるにはどうすればいいかという研究を行いました。サークル活動では漫画アニメ研究部に属し、描いたことのない漫画の製作や絵を描いたりと、新しいことに積極的にチャレンジし、自分の世界を広げることができました。今では、それがオフタイムでの過ごし方にもつながっています。余談ですが、社内での懇親会で「ゆるキャラ」を描く機会があり、いろいろな方から「絵うまいね!」と声をかけていただき、学生時代にチャレンジしたことがこんなところでも生かされるんだなと、ほくそ笑んだりしました(笑)。

就職活動にあたっては、IT業界以外の企業説明会にも参加しましたが「何かを作ることが好き」ということと、それが「普段の何気ない生活を支えるものである」という思いが強まり、ならば、様々なシステムが私たちの生活の根底にある現在のIT社会において、関われる仕事がしたいという思いを新たに抱きました。そうした中で、リクナビからコムシス情報システム(COMJO)に出会ったわけですが、会社説明会でも「人を育てる」ことに力をいれているという印象を持ち、その後の懇親会でもいきいきとやりがいを持って働く女性社員の話に触れ、自分も「成長することができる会社」「ずっと働いていける会社」だと、魅力的に感じたことが入社したいという思いに繋がりました。現在配属されている民需系プロジェクトは、業界を選ぶ際に考えた「やりたいこと」に近く、よい経験をさせていただいています。

研修で学ぶチームワークとコミュニケーション力の大切さ

入社時には、コムシスグループの合同研修でビジネスマナーの基礎知識を学びます。また、1年後にもフォローアップ研修として再度この合同研修が行われ、他グループ会社同期の経験も聞くことができ、とても良い刺激となりました。

グループ合同研修後に行なわれるCOMJOの新人研修では、情報処理の基礎を3か月かけて修得します。私の場合、大学でもプログラミングの基礎については学んできましたが、設計書の書き方やシステム開発の流れなど知らない知識も多く、座学だけではなく演習も通して学べたことで、より身に付いたのではと思います。特に、同期たちとJAVAでシステムを要件定義から作成したのは、プログラミングの演習とはまったく異なり、お客様の要望をどう叶えるのかを考え、チームで作業することの大変さや達成感を味わうことができ良い経験となりました。また、同期同士ではありますが、コミュニケーションの大切さも研修中に実践形式で学ぶことができました。さらにCOMJOには、新人研修とは別に、現在業務を行っていて足りない知識や今後必要になりそうな知識、興味のある知識などを会社が支援し、講習を受けさせてくれるベーシック研修というものもあります。コースも様々で、自分にあったより専門的な知識などが選択・受講できます。独学だと限界もありますが、COMJOにはこのように様々な研修プログラムがあり、やる気さえあれば自分を成長させることができます。

悔しい思いを「やりがい」に変えて

1年目には製造業向けプロジェクトで詳細設計から結合試験までを担当し、2年目となるこの8月からは公益財団法人向け新システム開発の詳細設計部分を担当しています。いずれもOJTとして先輩社員のサポートを受けながらの作業ですが、1年目に担当したプログラムは、現在実際にお客様が使っています。設計書をおこし、自分がプログラムしたものを受入試験でお客様が動かしている時には、得も言われぬ感動というか、不思議な気持ちになりました。そして、何よりも嬉しいのは実際にお客様から「使いやすい」、「便利になった」という声をいただいた時で、この仕事へのやりがいも感じる瞬間でした。また、これらプロジェクトを通して、社会人としてのコミュニケーションの難しさも実感しました。先輩社員に解らないことや、今つまづいている事象が上手く伝えられない、自分では、伝えたつもりでも伝わらない。そうした「できない自分」がすごく悔しい。結局は、自分の中で整理がついていなかったのが原因なのですが、伝え方や聞き方についても改めて反省しました。今は、OJT期間中ということもあり、上司や先輩社員とのやり取りが多いですが、これからはお客様との機会も増えていきます。コミュニケーションについても日々学び、早く一人前のシステムエンジニアになれるよう研鑽を積み、同時に自分の得意なことを一つでも見つけ、誇れるように磨いていけたらいいなと思っています。

私のオフ

室内での作業が多いので、土日は基本外出します。学生時代は写真にもチャレンジしたため、たまに連休があればカメラをもって旅行したり、仕事帰りに、同期や大学の友人たちと食事をしたりと、割とオンオフの切り替えをはっきりさせるタイプなので、仕事のことは忘れて思いっきり遊ぶようにしています。メリハリをしっかりつけることは大切だな・・・と思います。

私のある一日
8:50
出社
9:00
始業
9:30
朝会議で進捗状況・作業内容の確認を行う
10:00
詳細設計書の執筆
12:00
昼休み
13:00
午前中の作業を引き続き実施
15:00
詳細設計書のレビュー
16:00
詳細設計書の修正を行う
19:00
本日の作業の進捗状況を確認
19:30
退社
私のキャリアパス

2014年4月
入社

同年4月
新入社員研修・IT系研修:約3ヵ月
研修ではORACLE MASTER Bronze、LPICを取得
基本情報処理技術者を取得

同年8月
システム事業本部第二事業部に配属
製造企業向けのプロジェクトに参画
詳細設計~結合試験までを担当

2015年8月
公営関連のプロジェクトに参画
詳細設計を担当中